整体で水虫が改善

整体は、水虫にも効果があるとされています。
水虫とは、白癬菌と呼ばれるカビが、おもに足に繁殖した状態のことを言います。
とくに高温多湿な夏場に、発症しやすいとされています。

しかし白癬菌はどこにでも存在するカビではありますが、感染力は弱く、菌に接触しても感染しないという人も多くいます。
水虫の感染は、体質や健康状態なども関係しているとされており、改善をするためには薬よりもむしろ、感染しないための体づくりをすることが重要と言われています。

整体ではおもに、水虫の治療ではなく、水虫に感染しないようにするための、体作りをする施術が施されています。
まず水虫ができやすい場所となる足底は、腰椎や仙骨によって管理されています。
そのためそれらに関わる関節に異常が発生すると、神経伝達に障害が起こることによって皮膚の状態が悪くなり、水虫に感染しやすい状態となってしまいます。
また腰痛を抱える人などは、自然と痛みが出ないような歩き方をするため、足底へかかる体重のバランスも悪くなり、足指が密着するなど水虫の繁殖に適した状態を作ってしまう場合があります。

整体ではそういった骨格や関節のゆがみやズレが要因の1つとなって発症する水虫を、防ぐことを目的とした施術が行われています。
例えば腰痛が原因となる場合には、まずは骨格の矯正によって、腰痛を解消するための施術が施されます。
腰痛が解消されると正常な歩き方を取り戻すことができるため、水虫のできやすい状態を作ることも防ぐことができます。