整体で突発性難聴が改善

整体は、突発性難聴の改善にも効果があるとされています。
突発性難聴というのは、何の前触れもなく、突然片側の耳が聞こえにくくなるといった病気のことを言います。
発症した際には、同時に耳鳴りやめまいも伴うという場合が多くなっています。

突発性難聴は人によって症状に個人差があり、なんとなく耳が塞がれたような感じがするといった軽い症状から、まったく耳が聞こえなくなったといった重い症状までがあります。
ほとんどの場合では、異常は片方の耳だけに起こるとされています。
またメニエール病の初期症状にも、似ていると言われています。

突発性難聴は、内耳の障害などさまざまなことが原因として考えられていますが、明確な原因はいまだに判明していないというのが現状となっています。
そのため確実な治療法もなく、難病として、厚生労働省の特定疾患の1つとしても指定がされています。

突発性難聴は医学的な治療法が確立されていないため、民間療法である整体を試してみるということも、1つの改善策として期待がされています。
整体は基本的に、体のゆがみを矯正することによって、自然治癒力を高めて最大限に発揮させるということを、大きな目的としています。
そのため突発性難聴といった難病の改善にも、一定の効果を得られることが期待されています。

突発性難聴の整体治療ではおもに、首から頭蓋骨にかけてのゆがみを矯正し、頚部のコリをほぐすことによって、頚部や内耳の緊張を取り除くことで症状を改善するといった施術が行われています。