靴の減り方が違うときに整体

同じサイズの靴でも、右と左ではきにくかったり、違和感を覚えることがある場合、身体のどこかがゆがんでいる場合があります。
このことを簡単に確認する方法として、靴底を確認する方法があります。
靴底の減り方が左右で異なる場合、身体のどこかがゆがんでいる可能性が非常に高いです。
もちろん、歩き方や利き脚などによっても影響はありますが、歩き方が偏っていること自体、身体が歪んでいる可能性があります。
同じように力を加えて歩いているつもりでも、例えば右脚のほうが力が強かったり、同じ脚でも身体の内側と外側のどちらに重心が寄っているかで、靴底の磨り減り方が変わってきます。

靴の減り方が違うことに気がついたら、整体で相談してみると良いでしょう。
身体のゆがみが多い箇所としては背骨や骨盤が多く、姿勢の悪さにも影響しています。
また、骨格のゆがみは内蔵機能の低下や血流障害、新陳代謝の低下や腰痛など、様々な悪影響が症状として表れます。
頭痛や肩こりなども、骨格のゆがみが原因である場合も有ります。
整体で骨格のゆがみが解消できれば、身体の調子が良くなる人が多いと言われるのが、こうした症状が解消されるためです。

靴の減り方をチェックすることは、身体がゆがんでいないかどうかチェックすることと同じです。
簡単にチェックできることですので、ぜひチェックしてみると良いでしょう。
もし減り方が違っていたら、できるだけ早く整体で身体のゆがみを解消することです。