肩の高さが違うときに整体

姿勢を真っ直ぐ正したときに、肩の高さが違っていることがあります。
これは、片方の肩だけに負担をかけていることが多い場合に起こります。
ショルダーバッグの利用や、バッグをたすきがけにして利用する場合に、いつも同じ側の肩にかけている人にみられるずれです。
バッグがずれ落ちないように、意識的にも、身体が無意識的にも肩を上げようとするためです。

他にも、いつも同じ腕で荷物を持っていることなどによっても肩の高さの違いが発生します。
この状態が長く続くと、背骨のゆがみや、骨盤のゆがみを生み出します。
また、肩と連動して肋骨や肩甲骨も上下にずれが生じてしまいます。
このゆがみを直すためには、均等に身体に負荷がかかるようにすることも大切ですが、整体が効果があるとされています。

整体にも様々な施術方法がありますが、個々人の症状や体格に応じた施術をします。
ストレッチや矯正などで、ゆがんでいる身体を本来の正常な状態に戻したり、筋肉を適度に刺激したり、ほぐしたりすることによって、正常な機能を取り戻すことができるとされています。
施術は身体に負担をかけないように考えられていることが多く、徐々に動作や強度を大きく強くし、痛みや悩みを解消し、再発しにくい状態へと近づけます。
肩の高さの違いは長年の習慣で染み付いてしまっているため、意識的にバランスを取ろうとしてもなかなか改善されません。
口コミや評判の高い病院やクリニックを探し、整体を受けることで改善し、身体を健康な状態にもどしましょう。